本式映画反省会

2017-08-06

[]「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」

皆がんばってる(けんたおのけんの方ですら「まあでも、がんばって仗助演じてるよな…」と思わせる)、間違いなくみんながんばってるけど、容赦なく襲い掛かる「どうすんだこれ…この先…」感ね!

無限の住人」もそうだけど、三池作品を見る度に味わう羽目になる「実際おそらく、この監督じゃないと仕切れない大変な現場で、ちゃんと予算とスケジュール遵守で完成させる手腕こそが評価されてるんだろうけど、なんだろうこの…いつもいつも感じるすっきりしなさ…ぶっちゃけ面白くなさ…そしてこのテンポの絶妙な変さ加減は…」というモヤモヤと、それでいて何か、最後に残る、憎みきれなさね。不思議なんだよね。作品の中の何かをかすかにチャーミングだと感じている自分もいるのね。ふつう何本か見てダメなら「この監督の作品とか二度と見るかよ!」となるんだけど、意外としぶとく見ちゃってるんだよね。まあ「テラフォーマーズ」とか巧みにスルーしてるんだけどね。

三池作品って「この場面でそんな時間とるかな…このカットも長すぎないか…ってここは爆速で処理?ええ?んないい加減な」っての頻出するじゃないですか…これはもう体内時間というか生来のリズムやセンスの問題なんだと思うんだけど、うまいことつないでくれりゃすぐさま「あれ…面白い…いやこれ面白い!最高!」ってなるのに…いや今回のも、見てから家に戻ってシンゴジラのブルーレイ再生してみたんだけど、あまりに的確なカットとセリフの応酬が続くんで何か、何度も見てるのに完全におかしいんだけど、涙が浮かんできちゃってね…

ここ(シンゴジ)にある「積み重なっていく面白さ」が、何で一切無かったのかなーって…

積み重ねなんだよね。1カット1カットが、それぞれ微妙に「的確じゃない構図」であったり、セリフが適切でなかったり、特殊効果が微妙にチャチく見えてしまってたりの。選択の結果として。

康一くんを小柄な役者じゃなく神木くんにしたのは英断だったと思うんですよ。観月ありさ観月ありさ感(とは?)を最小にしてものすごくちゃんと脇を固めてたし、おじいちゃん役の國村隼もいつも通りナイス下支え。虹村形兆・億奏も評判通り良かった。岡田将生も新田真剣祐もここまで好演するとは。ギリギリのとこで成立させてて素晴らしかった。しかしこれ、敵側はかなり大胆にリストラされるな…

レッドホットチリペッパーくる…くるで…とウキウキしてたのにズコーっとなったよ。意外ではあったし狙いはわかるけど、そのスタンドにオリジナル能力加えんのダメだろ。「遠隔操作ゆえ条件を満たす行動をし続ける」がキモだろっつの。